当サイトはインプラントについて徹底比較したサイトです。治療内容から治療費まで徹底比較しています。

インプラント治療を徹底比較!

インプラント治療を徹底比較! TOP

インプラント治療は、天然の歯と同様の丈夫な歯を取り戻すことができる画期的な治療法です。これにより、食べ物もしっかり噛めるようになり、食事の楽しみも取り戻せたという方が大勢います。
そのため、従来の入れ歯に代わり、インプラント治療を受ける方が年々増加する傾向にあります。

それに伴い、インプラント治療に対応する歯科医院も増えてきており、いざ治療を受けるとなると、どの歯科医を選んだらよいのか迷ってしまうという方も多いようです。

そこで、当サイトでは、数ある歯科医院の中で、どのような点を重視して歯科医院を選んで行ったらよいのか、「比較」のポイントについて紹介しています。
インプラント治療と言っても、地域ごとに費用が異なりますし、歯科医の技術力や経験も大きく異なっています。
インプラント歯科医院を選ぶことで悩んでいるという方向けに、さまざまな角度から歯科医院を比較するポイントについて伝授します。

使用する材料、治療法、治療費用、症例数など様々な角度から歯科医院を比較していくことで、自分に合った治療法はどれで、どのような歯科医を選んで行ったらよいのかについて理解できるようになります。
また、インプラント治療と総入れ歯、入れ歯、ブリッジとの特徴、メリット、デメリットについても比較していますので、ぜひ治療法を決める際に参考にしてみてください。
 


インプラントの歴史

最初にインプラント治療を行ったのは1940年代であると言われています。
その後はさまざまな人工歯やフィクスチャーが開発され始め、チタン製やセラミック製の材料が採用されるようになりました。
チタンやセラミックが全盛であった時代は、金属アレルギーのリスクが高く、インプラント治療を受けたくても受けられないという方もたくさんいらっしゃったようです。

さらに、感染症のリスクも懸念されていました。
そして、1945年にはコバルトクロムと呼ばれる金属を用いた治療を行うようになりましたが、この方法では、フレームに沿って感染するケースが多くなったため、一般に普及することはなかったのです。

それから30年が経ち、セラミックス製の器具が使用されるようになりました。
コバルトクロムほどに感染症のリスクが高い器具ではなかったのですが、セラミックスは骨としっかり結合させることができず、治療後は時間の経過とともに歯がぐらついていくといった問題がありました。

その後は、さまざまな治療法が開発されましたが、1950年代からチタンという素材が開発されました。
チタンは金属の中でも感染症、アレルギーが起こるリスクが低く、骨と結合しやすいといったメリットがあります。
感染症のリスクが少ないうえに、しっかりと土台を築くことができるということで、現代はチタンがインプラント治療の主流となっているのです。


インプラント治療とは

インプラントとは、「埋め込む」という意味です。

「歯」と聞けばほとんどの方は、歯の白い部分をイメージするのではないでしょうか。
この白い部分は歯冠と呼ばれるもので、歯全体の頭の部分であるにすぎません。
歯冠の下には「歯根」が顎の骨に埋まっており、歯冠と歯根が合体することで、外部からの力にも動じない固定された歯になるのです。
歯を固定している「歯根」が歯周病や虫歯でなくなったり、弱くなったりすると、その歯根に代わるものを埋め込まなければなりません。
これが人工歯根、つまり「インプラント」のことです。

インプラントでは、チタンから作られた人工歯根を骨に埋め込んでいきます。
チタンは骨と結合しやすく、いったん固定されると、外部からの強い力が加わっても十分に耐えられるようになります。

従来は、歯曾失った場合の治療と言えば、ブリッジという方法が採用され、これは、失った歯の両端の歯を固定点として使用する方法です。
他に入れ歯という方法がありますが、歯の根の部分の機能が働かないため、天然の歯と同様の噛み心地は得られません。
現在、天然の歯と同様の機能を取り戻せるのはインプラント治療のみとなっています。

インプラント治療においては、はじめに、顎の骨にインプラント体を埋め込んでいきます。そして、チタンと顎の骨が結合し、インプラント体は外部からの圧力に耐えられる強力な土台になります。チタンと顎の骨を結合させることができるため、違和感がなく、しっかりものを噛むことができるようになります。


TOPへ戻る